ちょっとの工夫で海外で通用する名前の作り方3選

愛称をつくることができる名前の作り方

世は国際化の時代です。社会で活躍する人間の多くは、好むと好まざるとにかかわらず世界を相手にしていることになります。長い名前が多い欧米の名には、たいてい決まりの愛称があります。それらの愛称は「ショートフォーム」と呼ばれる短縮型と、ペットフォームと呼ばれる名前の変型に分けられています。ウィリアム(william)のショートフォームはウィル(will)で、ペットフォームはウィリー(willy)となります。そこで子供の名前を愛称と一致させるのです。例えば、研一郎であれば、けん(ken)と、ペットフォームはケニー(kenny)となるのです。

愛称のつくりやすい名前をみつけよう

愛称が作りやすい名前を見つけるには、まず候補として考える名前を、欧米の愛称を作るときのやり方で変型してみるのです。ペットフォームを作るには、アルファベットで書いた名前の前半部分に「イ」を付けてみます。例えば、「ともひこ」ならば「トミィ(tomy)」という愛称ができることになります。女の子であれば、海外で愛称を作るときの語尾「ア(a)」「ラ(la)」「ナ(na)」を付けてみます。例えば、「あいこ」であれば、「アイラ」「アイナ」という国際的な名前が作れます。

ミドルネームをつけるという手があります

日本人の名前には外国人のようにミドルネームはない、と一般的に思われています。事実、日本の戸籍法では、ひとりの人間に2つの名前は認められていません。しかし、2つの名前をつなげて一つの名前扱いにして登録することは可能なのです。日本でもカトリックの信者たちは、洗礼名と普通の名前をつなげて名前にしているのです。キャサリン美津子として届けていたアナウンサーや、キャロライン美子という名前のアメリカ育ちの日本女性はおります。

新しくビルができたり、球場ができたりしたときに、名前を決めてもらう場合があり、これを命名といいます。