気を付けよう!子どもの命名で漢字を使う時の注意点

漢字は、書くだけじゃなくて読んでみよう

愛しい我が子の誕生を心待ちにしている夫婦は、名前もそれだけ一生懸命考えますよね。名前はその子が一生背負っていくものになりますので、出来る限り変な名前だけは避けたいものです。ですが、それだけを見れば普通の名前も、読み方一つでマイナスイメージを持ってしまう可能性があります。「美怜(みれん)」という漢字ですが、一見して女の子に使えば可愛らしいイメージですよね。ですが、読んでみると「未練」という響きに聞こえてきちゃう可能性があるんです。赤ちゃんの名前を考える時には、一度声を出して読んでみる事も大切ですよ。

水という漢字は、流れるイメージを持つ?

また、漢字に水を使ってしまいますと、とても涼しいイメージはありますが、同時に流れるという意味もありますので、名前に使うのはあまり適していません。水難に遭うとも言われておりますので、出来れば避けたいところです。水を使ったお花の名前などは、女の子に使えばとても可愛らしいのではないかと思う夫婦もいるでしょう。ですが、実際にその子が一生背負っていく名前になるのですから、可愛いだけで決めるのはやめるようにしましょう。

漢字を使う時は、部首もチェックしよう

また、その漢字自体はとても良い字なのですが、細かく部首を見てみると、縁起の悪い漢字が入っているパターンもありますので、注意が必要です。「撫子(なでしこ)」ちゃんは、よく見てみますと「無」という漢字が入っておりますので、あまり縁起が良いとは言えません。その他にも「鬼」とか入っている様な部首の漢字には要注意です。赤ちゃんの名前を決める時には、必ず漢字を考えたら、一度声に出して読んでみて、漢字の部首に気を付けることが大切ですよ。

姓名判断とは、人の姓名からその人の性格や運勢について解釈を与える占いの手法の一つです。姓名の画数から判断します。